2010年12月23日

orion_fsqrd_5dm2kai


 セカンドライトでFSQ85ED-RDでのオリオン中心部です。
 初めてRAP2を使ってフラットとダーク補正をやったのですが出てきた画像には満足です。
ただ、CR2ファイル-DNG(Adobe)-DNG(RAP2)-16bit-tiff(Lightroom)-fits(MaxIm)-16bit-tiff(SI6)-16bit-tiff(PS CS4)とソフトを渡り歩いての画像処理で作業が煩雑になりました。
 それでもフラット処理では、画面右側のミラー切れ部分がフラットがうまくあわせこむ事ができませんでした。ミラー切れ対策が必要なようです。
 また、今まで9μチップでの冷却CCDでガイドは許容範囲内に感じていたのですが、5DM2での6.4μ(ベイヤー配列だから12.8μ?)になり、さらにトータル画素数が増えたためPC画面上での拡大率をあげることができてついつい粗探しとなって星が流れているのが気になり始めました。今後、ガイドの精度を少しあげてみようかと思います。
今回、チップの上にゴミが乗っていて画面の上に黒くシミができてしまいました。
また、画面スミになればなるほど明るい星から長くヒゲが出てしまいます。光路上に何か影響するものがあるようです。
ピントは今回はライブビューで、カメラのバックモニターだけでやりました。
今の接眼部には、デジタルノギスをピントゲージとしてつけていますが、0.1㎜精度でしかピントを追い込めていません。
5DM2になり、もう一段、ピント精度をあげる必要があるようです。デジタルノギスから0.001㎜ダイヤルゲージを使ってみようと思います。

 ファーストライト画像は、キヤノンEF300㎜f2.8Lで撮影したのですが、初期型のレンズでもうメーカーにパーツが無く組み付け調整も受けてくれません。星像が乱れていてさらに片ボケしていて画像処理の気力が出ませんでした。
 LPS-P2,V4,Haフィルターを使って、ISO感度や露出時間の違いによるノイズ傾向を見るテスト撮影だけに終わりました。

101205 26h23m-TOTAL50分 FSQ-85ED(RD QE0.73X 327㎜ f3.8)+Canon EOS 5D MarkⅡ 600sx5 ISO800  EM200-Tpcjr BORG60(325㎜)+SSAG(MaxImDLでガイド) MaxImDL,SI6,PS CS4,Lightroom3,RAP2で画像処理 ダーク、フラット補正 =大塔HP


(19:12)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by GENTA   2010年12月25日 22:08
EF300さん こんばんは
フラット補正ではミラー切れは補正出来そうもありませんね。
私の場合はチップサイズが大きくなったので偽色を拾うようになりました。
ヒゲは私のも出ます。それ以前にワイドマウント内に入れたIR-Cutフィルターによるゴーストに悩まされています。画角が広くなると様々な問題に直面しますね。
赤ムラについては、あまり感じられません。私の場合はダーク処理はしていないのですが、フラットは撮影したISO値でEL板で撮って補正しています。ISO3200とかになると64枚は欲しいようでHDを思い切り占領されています。
あと違いは私の場合はライブビューは一切使っていません。ピント合わせは撮像のみです。

光学系や撮影システムに厳しいカメラである事は間違い無さそうで先が思いやられます。
2. Posted by EF300@管理人   2010年12月25日 22:54
GENTAさん、こんばんわ。
ミラー切れ対策に難儀しています。
スポンジをカットしたのですが、5DM2だとミラーがあがっても3ミリくらいの隙間が空いたままで完全にミラーボックスにミラーがあたらないんです。
ちょうどスポンジ部分の厚みと同じくらいの隙間が空いているくらいになります。DXだとスポンジカットしてミラーが完全に張り付くようにあがったのですが。。
EL板撮影の際のカラーセロファンの設定を間違えていて一枚撮りではRAP2での色合わせができずに多数の露出のものが必要になってしまって難儀しています。
国内は少なくとも4台以上は入っているようですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字